史上最強にかわいい自分になってもっと愛される

美白と保湿でもちもち赤ちゃん肌目指している20代が美容やメイクについて綴っています。

#綺麗になる方法、髪・服編

スポンサーリンク

f:id:syusho_biyou:20191019205233p:plain

こんにちは、ご醜傷様ちゃんです!

以前投稿した綺麗になる方法、顔面編がはてなブログのおすすめ記事の1番上に載りました!いつも見てくださっている読者の方々、本当にいつもありがとうございます❤ブログ楽しみにしてますっていうメッセージがめちゃくちゃ嬉しくて、私自身もブログ書くのが本当に楽しいです❤

 

前回の記事とあわせてご覧下さい↓

www.syusyochan-beauty.com

 

さてさて、今回は綺麗になる方法シリーズ「髪」「服」編です❤

 

 

 

美人は髪も綺麗

髪が痛みまくっててパサパサで広がっていて汚いな~って思う美人に出会ったことがないのでやっぱり美人は毛先まで美しいんだと思います。超絶美人ではなくても髪が綺麗なだけで清潔感がでて綺麗なお姉さんっぽさが出るので、しっかりケアをすることが大事。

 

ヘアケア

お風呂に入る前にブラッシングする

頭皮や髪の汚れを浮かせるためのブラッシングでもありますが、髪が絡まっているとシャンプーしづらくないですか?また、乾かすときに髪が絡まっているとほぐす為に時間がかかって大変だし、切れ毛や枝毛の原因になります。

 

私は髪が細くて柔らかい所謂猫っ毛なのですが、マークス&ウェブのウッドヘアブラシがめちゃくちゃ合いました。上のツイートにもあるとおり、毛の密度が高いから細い髪もしっかりキャッチしてくれるのでとても好き!

 

週に数回オイルで頭皮マッサージ

週に1~2回のスペシャルケアとしてシャンプーする前にオイルを使って頭皮マッサージをするのがおすすめ。髪も柔らかくなるし、頭皮がすっきりさっぱりするし、マッサージの効果により髪が綺麗に伸びます◎頭皮マッサージの方法は冒頭に載せた過去記事にあるので是非ご覧下さい❤

 

使用するオイルはホホバオイルや椿油やゆず油がおすすめ。安価で手に入りやすいしサラッとしたテクスチャなのでマッサージにぴったり。

 

f:id:syusho_biyou:20191021155858j:plain

 

シャンプーする前の予洗いは丁寧に

寒くなってくるとシャワーの温度も熱くしたくなりますが、そこをぐっと堪えて!熱めのお湯は皮脂を取りすぎてしまったり、皮膚のバリア機能が低下してしまったり、脳が覚醒してせっかくのリラックスタイムが台無しになってしまったりします。設定温度は38~40℃にしましょう◎

 

お湯だけでも頭皮や髪の汚れがだいぶ落ちるので、シャンプー前にお湯で丁寧に頭皮の汚れを落とそう。私は毎日予洗いしながら頭皮マッサージを行っています。

 

シャンプー

私は今ハニーチェを使っています!香りがとっても良くて癒されるし、泡立ち泡切れ共にいいし、保湿力高いのですき❤

 

f:id:syusho_biyou:20191021160013j:plain

 

シャンプーするときは指の腹を使って丁寧に洗うようにしましょう!これまた頭皮マッサージをしながらシャンプーしています!頭皮を下から上に引き上げるイメージで!

 

髪や頭皮のことを考えて、シャンプーしている時間の2倍の時間を使ってシャンプーを洗い流すように意識しています◎

 

コンディショナー(トリートメント)

頭皮につけないように気をつけて!髪に揉みこむように馴染ませます。この揉みこんで馴染ませる工程を数分行ってからまた数分時間を置いて流します。しっかり揉みこむことでトリートメント効果が出る気がしています!

 

週に1~2回はこってりテクスチャのヘアマスクを使うのがおすすめ◎つやっつやの美髪になります❤

 

アウトバストリートメント

タオルドライした後、 洗い流さないヘアトリートメントを使いましょう!手のひらに洗い流さないトリートメントを取って手のひら全体に(指の間まで)馴染ませてから、毛先を中心に洗い流さないトリートメントを揉み込みましょう◎

 

f:id:syusho_biyou:20191021160405j:plain

 

ミルボンのアウトバストリートメントが特におすすめです◎私は細くて柔らかい髪なのでエルジューダ エマルジョンを使っています❤髪質別におすすめのものがあるので、自分の髪質に合わせてヘアトリートメントを選んでください!ミルボンの公式ツイッターのエルジューダの香り、特徴のまとめがめちゃくちゃ分かりやすかったので、私はこれを参考にエマルジョンを選びました!

 

 

髪を乾かすときのポイント

タオルでゴシゴシ摩擦しない

ドライヤーを髪に近づけすぎない

ドライヤーを同じところにずっと当てない

 

垢抜け髪はツヤ感・透け感・抜け感・ふわふわ感

ツヤ感は必須!透け感や抜け感やふわふわ感は自分の好みに合わせてスタイリングするのがいいです◎手っ取り早く垢抜けて見えるのは前髪を薄めにすることかな~。似合う似合わないがあるので一概には言えませんが...!

 

ツヤ感・・・髪のツヤ

透け感・・・前髪を薄めに

抜け感・・・やり込んでないルーズっぽさ

ふわふわ感・・・空気を含んだ柔らかい質感

 

私は前髪は薄めにしてほどほどに巻いています。アイロンで軽く前髪に熱を通してほんの少しくるんとさせるくらい。私の場合ガッツリ巻くと垢抜けない。後ろ髪はストレートにして毛先を少し内巻きにしています。ふわふわ巻き髪に憧れるけど涙出るほど似合わなくて...(笑)

 

髪を染めれば垢抜けるとは限らない

世間では「黒髪は芋臭い」とか「手っ取り早く垢抜けたいなら髪を染めろ」的なことを言う人がいますが、茶髪が似合わない人結構いるし、黒髪の方が断然垢抜けて見える人もいっぱいいます。これはパーソナルカラーの問題。

 

実際私自身、黒髪が1番似合うし垢抜けて見えます。過去に茶髪の他にもピンクやらラベンダーやらブルーやらを入れたことがありますが、どうも芋臭く見えました。当時は垢抜けてるとか垢抜けてないとかあまり気にしてなかったけど、今になって過去の写真見たとき「垢抜けてなさすぎ~」って笑っちゃいました。彼氏にも黒髪の方が垢抜けて見えるねって言われるので、黒髪の方が似合う人は無理に染める必要ないと思います。

 

 

ダッサ~~!を徹底的に避けたい人へ

私は服のセンス皆無だし、とりあえず変な格好じゃなきゃいいやって思ってしまう人間なので、服には全然お金かけてない(笑)とりあえず「ダサイ」を避けたい人に向けて書きます。ファッションセンスが人並みにある方は飛ばして大丈夫です!(笑)

 

サイズ感大事

服のサイズが合ってないと野暮ったく且つだらしがなく見えてしまうので、ボトムスはもちろん、ニットやTシャツも必ず試着しましょう。体のラインを綺麗に見せるリブニットだったりタイトスカートだったりは少しでも大きいと急にダサく見える...あえて大きめのニットをうまく着こなせるお洒落な人っていいな~って思って大きめのニットを買いたくなりますが、私はセンス皆無なので無難なサイズを選ばないと後悔する...!

 

色の組み合わせ

配色を考えるのがめちゃくちゃ苦手だったんですけど、メイクが好きになってからパーソナルカラーを意識するようになって、配色を考えられるようになりました。難易度の高い色の組み合わせはさすがに敷居が高いので、同系色でまとめることを意識するようにしています。あとは黄味の強い色と青味の強い色をごちゃ混ぜにしないようにするとか。私を含めファッションセンスの無い人は色が多く取り入れるとダサくなりがちなので、3色くらいに留めておくようにしています。

 

ファッショナブルな印象にはならないかもしれませんが、大人っぽく見えるようになったし、とりあえず「ダサイ」は避けられます。

 

素材の組み合わせ

お洒落に組み合わせられる人はいいんです、お洒落な人は...そうじゃなければニットオンニットだったりデニム×デニムだったり、同じ素材だけを組み合わせるのは避けた方がいいかも。

 

例えば上にニットを着るならデニムパンツを合わせるとかチュールスカートを合わせるとかがいいと思います。

 

シルエット

ゆるいシルエットのものにはタイトなシルエットのものを合わせるなど、野暮ったくならないようにすることもかなり大事!

 

似合う色を見つける

主観だとあまり分からないかもしれないけど、他撮り見ると結構わかります。似合う色を身につけているときと似合わない色を身につけているときの顔色の良し悪し、そして垢抜け具合。パーソナルカラーが分からない人は自分の他撮りを見比べてみたり、誰かに「どの色が1番似合うか」聞いてみたりするのがおすすめ。

 

といえど、私はパーソナルカラーに縛られたくないし、好きな色を好きなときに身につけたいのですが、やっぱり似合う色を身につけているときの自分は盛れている...!

 

 

 

以上です!最後までご覧頂きありがとうございました❤